カナダ入国手続きについて(続報)

4月21日にこちらでお伝えしましたカナダの主要空港での自動端末機(キオスク)を使った入国手続き開始のニュースについて、続報をお知らせします。

4月25日から正式に運用開始との事でしたが、今のところ導入が確認されているのはバンクーバー空港のみとなっています。バンクーバー空港でカナダ入国の際、この端末を使用して入国審査を受ける場合は従来の紙の税関申告書は不要となっていますが、16歳未満の単独渡航の方や機械読み取り式ではないパスポートを使用される方は対象外として、従来通りの紙の税関申告書を使った入国審査とされる事がある様ですのでご注意ください。また、何らかの理由で自動端末機が利用できなかった場合も同様に従来の紙の申告書を使った入国手続きとなるとの事。書類記入の手間が省けるというのはグッドニュースでしたが、全てのケースで不要となるのにはまだ時間がかかりそうです。

トロントやオタワでも導入される予定との事でしたが、現時点ではまだ導入されたとの情報はなく、従来通りの紙の申告書を使った手続きが行われています。

カナダへ到着する飛行機の中では、この税関申告書が配られる時と配られない時があるとの情報もあり、各所でまだ少し混乱している様です。機内でもし入手ができた場合は、とりあえず記入は済ませておくのが安心かもしれませんね。

また新しい情報が入りましたらお伝えしますね。快適なご旅行を!